外壁材

金属サイディング

 金属サイディングは最近注目されている屋根材です。今後は金属サイディングが主流になるのではないかとも言われています。金属の外壁材と聞くと工場や倉庫向けで、デザイン性がないのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。現在ではレンガ調や石材調のデザインのものがあり、お洒落に仕上げることができます。

メリット

 金属の最大のメリットは軽いことです。軽量であればお家にかかる負担が少ないため、耐震性に優れています。既存の外壁に新たに外壁を重ねるカバー工法も可能です。金属サイディングは施工しやすいため、工期が短く、費用も少なくすみます。費用を抑えたい方にお勧めです。金属は、水を吸収しないため冬の凍害の心配がありません。

デメリット

 金属は塩害に弱いため、海が近いお家にはあまり向いていません。また、熱を吸収しやすいため他の外壁材に比べて表面温度が高くなりやすいです。しかし、断熱性は高いので、室内の温度上昇はそれほど気にならないともいわれています。金属は錆に弱いのが弱点ですが、ガルバリウム鋼板は錆に強い特徴です。しかし全く錆ないというわけではなく、傷がつくと一気に錆が広がってしまうので注意が必要です。

金属サイディング